整体師の資格について【みんなの疲れを癒やしたい】

women

学費免除や国家試験

マッサージ

柔道整復師の専門学校選びについては、学費面と国家試験合格率がキーになる方が多いと思います。学校実施の学費減免制度は、返済不要なので活用できるところは活用しましょう。国家資格対策は、学校によっては十分でない学校もあります。技術だけでなく、試験対策もしっかり行っているか尋ねてみると良いでしょう。

義肢やギプスを作る専門家

病棟

義肢装具士は義手や義足などの義肢及びギプスやコルセットなどの装具の製作を手がける専門職です。その資格は国家資格となっており、専門の教育機関で学んだのち国家試験に合格することで得られるようになっています。

整体を仕事にするには

women

技術体系は百花繚乱

巷にあふれるさまざまな健康術の中でも、整体は特に知名度の高いものの1つです。ただ、メディアなどで頻繁に紹介されることで整体はもっぱら「痛いもの」というイメージが強調されていますが、実態はかならずしもそうではありません。整体の技法は実に多種多様で、中には身体にまったく負担のない非常にソフトなものもあります。もともと整体には統一した技術体系がなく、後述するように整体を業とするための資格制限もありません。そのため整体師と呼ばれる施術者がそれぞれの工夫によって独自に技法を研究しているというのが現状です。ただし理論についてはある程度共通した部分があります。それは骨格や筋肉などのバランスを整えることが健康の増進につながるというもので、いわゆる「骨をポキポキ鳴らす整体」はこの考え方が1つの形をとってあらわれたものです。

認定制度も複数存在する

整体師になるに当たって、国家資格等は特に必要ありません。ただ、技能の証明となるような材料が何もなければたとえ開業しても信頼を得ることはできませんから、多くの整体師は民間資格を取得したうえで施術に携わっているのが現状です。整体師に関する資格はいくつかの職能団体が独自に認定を行っています。その認定基準や技能習得に必要な期間などは各団体ごとに異なります。中には徒弟制度に近いようなスタイルで認定を行っているケースも存在します。もし整体師を職業にしたいという意向を持っているのであれば、それぞれの認定資格の特徴を調べ、取りやすさや取得後の進路などを比較研究するようにします。その上で自分に一番合っていそうなものを選び、マスターすることが推奨されます。

ヘルスケアの専門職の一つ

マッサージ

あん摩マッサージ指圧師はマッサージに関する国家資格です。視覚障害者の有資格者が多く、健常者が入学できる学校は限られているため競争率の高まりが予測されます。治療院等を経営したり勤務するほか、福祉施設、企業、医療機関等で勤務することできます。また、5年の実務経験で介護支援専門員の受験資格が発生します。